掲載情報とヤマトグループ関連サービスとの関係について
●戻る
リコール・自主回収情報 
自動車・バイク・自転車
Stellantis「500、500C」(走行できなくなるおそれ)    (2023/10/19 - 61 Clicks)
【該当車両】
500
500C
対象型式、シリアルナンバー等の詳細情報はこちらからご覧ください

【理由】
トランスミッション(デュアロジック)において、製造工程が不適切だったため、オイルリ ザーバータンクのホース差込口が製造工程で損傷したものがある。このため、オイルが洩 れて警告灯が点灯すると共にギアがニュートラルに固定され、走行できなくなるおそれが ある。

【対策】
全車両、オイルリザーバータンクのホース差込口を点検し、オイル洩れや差込口の損傷 がある場合は、リザーバータンクとホースを良品に交換する。

【連絡先】
Stellantisジャパン株式会社
お客様相談センター
チャオ フィアット 0120-404-053
受付日:365日年中無休
受付時間:09:00~21:00
自動車・バイク・自転車

▲ ページトップに戻る

ヘッダ

バナーバナー

バナーバナー

QR

携帯電話でアクセスする際はこちらの二次元バーコードを読み取ってアクセスしてください。

QR

QR

リコールドットジェイピーについての感想・ご要望はこちら

クロネコ家電ドクター 修理サービス 詳しくはこちら

クロネコヤマトのリコールドットjpは、リコール情報・自主回収情報を日々更新・提供しております。