掲載情報とヤマトグループ関連サービスとの関係について
●戻る
リコール・自主回収情報 
自動車・バイク・自転車
BMW「25車種」(火災に至るおそれ)    (2023/3/8 - 87 Clicks)
【該当車両】
BMW 118d
BMW 218d Active Tourer
BMW 218d Gran Tourer
BMW 320d
BMW 320d グランツーリスモ
BMW 523d
BMW 523d ツーリング
BMW 740d xDrive
BMW 740Ld xDrive
BMW 840d xDrive カブリオレ
BMW 840d xDrive クーペ
BMW 840dx グランクーペ
BMW X1 xDrive 18d
BMW X3 xDrive 20d
BMW X3 M40d
BMW X5 xDrive 35d
BMW X6 xDrive 35d
BMW X7 xDrive 35d
MINI クーパー D クラブマン
MINI クーパー SD クラブマン
MINI Cooper SD
MINI Cooper SD 5 Door
MINI クーパー D クロスオーバー
MINI クーパー D クロスオーバーA4
MINI クーパー SD クロスオーバーA4
対象型式、シリアルナンバー等の詳細情報はこちらからご覧ください

【理由】
ディーゼルエンジンの排気ガス再循環装置(EGR)モジュールにおいて、経年変化により冷却水が漏れるものがある。その場合、排気ガスに含まれる煤が冷却水と混合して排気ガス再循環装置(EGR)モジュールの内部に堆積し、高温になった堆積物がインテークマニホールドに流入し付着して、インテークマニホールドが溶損する可能性がある。最悪の場合、火災に至るおそれがある。

【対策】
全車両、エンジンコントロールユニット(DDE)のプログラムを対策プログラムに書き換え、冷却水の漏れやエンジン過熱を早期に感知させ、警告灯を点灯させる。さらに、インテークマニホールドの溶損が拡大する前に保護機能を作動させるとともに、エンジン警告灯を点灯させ、出力を制限させる。
なお、過去に冷却水補充の履歴が確認できた場合は、排気ガス再循環装置(EGR)モジュールの点検を行ない、必要に応じて対策品と交換する。
なお、作業完了車は識別として左フロントドアロアヒンジ取り付けボルト(下側)の頭に白ペンを塗布する。

【連絡先】
BMWカスタマー・インタラクションセンター
フリーダイヤル 0120-954-018
自動車・バイク・自転車

▲ ページトップに戻る

ヘッダ

バナーバナー

バナーバナー

QR

携帯電話でアクセスする際はこちらの二次元バーコードを読み取ってアクセスしてください。

QR

QR

リコールドットジェイピーについての感想・ご要望はこちら

クロネコ家電ドクター 修理サービス 詳しくはこちら

クロネコヤマトのリコールドットjpは、リコール情報・自主回収情報を日々更新・提供しております。