掲載情報とヤマトグループ関連サービスとの関係について
●戻る
リコール・自主回収情報 
自動車・バイク・自転車
フォルクスワーゲン「10車種」(走行不能となるおそれ)    (2022/7/26 - 23 Clicks)
【該当車両】
アウディ RS7 SB エアサス
アウディ RS6 アバント
アウディ RS6 アバント エアサス
アウディ RS7 SB
アウディ S7 SB
アウディ S6
アウディ A6 45Tq
アウディ A7 SB 45Tq
アウディ A6 55Tq
アウディ A7 SB 55Tq
対象型式、シリアルナンバー等の詳細情報はこちらからご覧ください

【不具合の内容】
燃料デリバリーモジュールにおいて、燃料ゲージセンサーとブリーザーパイプとの間隔が不適切なため、燃料ゲージセンサーが当該パイプに引っかかることがあります。そのため、実際の燃料量と燃料計の指示値が一致せず、燃料が多く表示され、そのままの状態で走行を続けると、燃料切れにより走行不能となるおそれがあります。

【対策】
全車両、燃料ゲージセンサーを対策品と交換します。なお、対策品の準備には時間を要するため、準備ができ次第、部品交換を改めて案内します。

【連絡先】
アウディコミュニケーションセンター
(フリーダイヤル) 0120-598119
自動車・バイク・自転車

▲ ページトップに戻る

ヘッダ

バナーバナー

バナーバナー

QR

携帯電話でアクセスする際はこちらの二次元バーコードを読み取ってアクセスしてください。

QR

QR

リコールドットジェイピーについての感想・ご要望はこちら

コラム

クロネコ家電ドクター 修理サービス 詳しくはこちら

クロネコヤマトのリコールドットjpは、リコール情報・自主回収情報を日々更新・提供しております。