掲載情報とヤマトグループ関連サービスとの関係について
●戻る
リコール・自主回収情報 
自動車・バイク・自転車
ヒュンダイ「ヒュンダイ PY」(走行不能となるおそれ)    (2020/7/20 - 21 Clicks)
【該当車両】
ヒュンダイ PY
対象型式、シリアルナンバー等の詳細情報はこちらからご覧ください

【理由】
大型バスのクラッチブースターにおいて、製造工程管理が不適切なため、正規より長い固定ボルトが取り付けられたものがある。そのため、クラッチブースターの固定不良が生じ、走行振動等により変速機の固定プレートが破断して、最悪の場合、当該ブースターが脱落して走行不能となるおそれがある。

【対策】
全車両、クラッチブースターと固定プレートの締結状態を点検し、隙間が生じている場合は、固定ボルトを正規品に交換して、固定プレートを新品に交換する。

【連絡先】
最寄の現代自動車ジャパン契約整備工場まで。
自動車・バイク・自転車

▲ ページトップに戻る

ヘッダ

バナーバナー

バナーバナー

リコールに関するすべての業務を代行 詳しくはこちら

QR

携帯電話でアクセスする際はこちらの二次元バーコードを読み取ってアクセスしてください。

QR

QR

リコールドットジェイピーについての感想・ご要望はこちら

コラム

クロネコ家電ドクター 修理サービス 詳しくはこちら

クロネコヤマトのリコールドットjpは、リコール情報・自主回収情報を日々更新・提供しております。