掲載情報とヤマトグループ関連サービスとの関係について
●戻る
リコール・自主回収情報 
医薬品
ニプロ「ブロチゾラム錠」(承認規格に不適合)    (2019/1/30 - 60 Clicks)
【一般名及び販売名】
一般名: 日本薬局方 ブロチゾラム錠
販売名: (1)ブロチゾラム錠0.125mg「NP」
     (2)ブロチゾラム錠0.25mg「NP」

【対象ロット、数量及び出荷時期】
(1)ブロチゾラム錠0.125mg「NP」

・100錠(PTP)
製造番号 45ロット
16N121、16N131、16N141、16N151、16R161、16R171、17E011、17F021、17F031、17F041
17F051、17H061、17H071、17L081、17L091、17L101、17L111、17M121、17M131、17P141
17P151、17S191、17S181、17R161、17R171、17S201、18H011、18H021、18H031、18H041
18H051、18H061、18J071、18J081、18L091、18L101、18L111、18M121、18M131、18M141
18M151、18R161、18R171、18R181、18R191

出荷数量(箱):83,489個

出荷時期:2017年2月14日~2019年1月21日

(2)ブロチゾラム錠0.25mg「NP」

・100錠(PTP)
製造番号  150ロット
16F071、16F081、16F091、16F101、16F111、16F121、16J131、16J141、16J151、16J161
16J171、16J181、16J191、16J201、16J211、16J221、16J231、16J241、16N251、16N261
16N271、16N281、16N291、16N301、16N311、16N321、16N331、16N341、16N351、16N361
16R371、16R381、16R391、16R401、16R411、16R421、16R431、16R441、16R451、16R461
16R471、16R481、17E011、17E021、17E031、17E041、17E051、17E061、17E071、17E081
17E091、17E101、17E111、17E121、17G131、17G141、17G151、17G161、17G171、17G181
17H191、17H201、17H211、17H221、17H231、17H241、17M251、17M261、17M271、17M281
17M291、17M301、17M311、17M321、17M331、17M341、17M351、17M361、17N371、17N381
17N391、17N401、17N411、17N421、17P431、17P441、17P451、17P461、17P471、17P481
17S491、17S501、17S511、17S521、17S531、17S541、18F011、18F021、18F031、18F041
18F051、18F061、18F071、18F081、18F091、18F101、18F111、18F121、18H131、18H141
18H151、18H161、18H171、18H181、18H191、18H201、18H211、18H221、18H231、18H241
18J251、18J261、18J271、18J281、18J291、18J301、18J311、18J321、18J331、18J341
18J351、18J361、18K371、18K381、18K391、18K401、18K411、18K421、18K431、18K441
18K451、18K461、18K471、18K481、18M491、18M501、18M511、18M521、18M531、18M541

出荷数量(箱):50,815個

出荷時期:2016年6月27日~2019年1月21日

【理由】
ブロチゾラム錠0.125mg「NP」の長期安定性試験(25℃60%RH、24箇月時点)において、類縁物質が承認規格に適
合しない結果が得られましたので、同一事象が懸念される製造ロットを2018年9月13日より、自主回収いたしま
した。その後、他ロットにおいてもモニタリングを実施し、動向を確認しておりましたが、今般、他ロットにお
いても同一事象が懸念されることから、使用期限内の全ての製品を自主回収することといたしました。
また、ブロチゾラム錠0.25mg「NP」においても、ブロチゾラム錠0.125mg「NP」と同一原薬を使用しており、同
一事象が懸念されることから、使用期限内の全ての製品を自主回収することといたしました。

【危惧される具体的な健康被害】
本製品中の類縁物質が経時変化により増加し、規格外になりましたが、その量は僅かなものであり、本剤の使用
による重篤な健康被害が生じる可能性はないと考えております。また、含量が規格内であることから、有効性に
関しても問題ないと考えております。
なお、これまでに本件に関連した重篤な健康被害等の報告は受けておりません。
医薬品

▲ ページトップに戻る

ヘッダ

バナーバナー

バナーバナー

リコールに関するすべての業務を代行 詳しくはこちら

QR

携帯電話でアクセスする際はこちらの二次元バーコードを読み取ってアクセスしてください。

QR

QR

リコールドットジェイピーについての感想・ご要望はこちら

コラム

クロネコ家電ドクター 修理サービス 詳しくはこちら

クロネコヤマトのリコールドットjpは、リコール情報・自主回収情報を日々更新・提供しております。