掲載情報とヤマトグループ関連サービスとの関係について
●戻る
リコール・自主回収情報 
自動車・バイク・自転車
プジョー・シトロエン「2車種」(火災に至るおそれなど)    (2018/6/11 - 28 Clicks)
【該当車両】
3008、C4ピカソ
対象型式、シリアルナンバー等の詳細情報はこちらからご覧ください

【理由】
1.バッテリープラスケーブルの取り回しが不適切なため、当該ケーブルがエンジンサポートと接触するものがある。そのため、エンジンの振動により当該ケーブルの被覆が損傷し、最悪の場合、短絡して火災に至るおそれがある。
2.燃料パイプとフロアアンダーカバーの間隙が少ないため、組付け誤差により燃料パイプがフロアアンダーカバーに接触するものがある。そのため、走行中のフロアアンダーカバーの振動により、燃料パイプが損傷し、最悪の場合、燃料パイプに穴があき燃料が漏れるおそれがある。

【対策】
1.全車両、バッテリープラスケーブルを正しい位置に変更し、保護カバーを取り付ける。また、バッテリープラスケーブルが損傷していた場合は、当該 ケーブルを良品に交換する。
2全車両、燃料パイプに保護材を取付ける。また、燃料パイプが損傷してい た場合は、当該パイプを良品に交換する。

【連絡先】
(製作者名: オートモビル・プジョー) (問い合せ先:0120-840-240 プジョーコール)
(製作者名: オートモビル・シトロエン) (問い合せ先:0120-55-4160 シトロエンコール)
自動車・バイク・自転車

▲ ページトップに戻る

ヘッダ

バナーバナー

バナーバナー

リコールに関するすべての業務を代行 詳しくはこちら

QR

携帯電話でアクセスする際はこちらの二次元バーコードを読み取ってアクセスしてください。

QR

QR

リコールドットジェイピーについての感想・ご要望はこちら

コラム

クロネコ家電ドクター 修理サービス 詳しくはこちら

クロネコヤマトのリコールドットjpは、リコール情報・自主回収情報を日々更新・提供しております。