掲載情報とヤマトグループ関連サービスとの関係について
●戻る
リコール・自主回収情報 
自動車・バイク・自転車
三菱重工「モータグレーダ」(走行不能に至るおそれ)    (2006/10/19 - 1026 Clicks)
【該当車両】
モータグレーダ

【理由】
1・変速装置において、トランスファ部へのオイル供給量が不十分なため、潤滑不良を起こす場合がある。そのため、そのまま使用を続けると、トランスファ内部のギヤ及びベアリングが焼き付き、最悪の場合、走行不能に至るおそれがある。
2・変速装置において、油圧回路のオイルクーラ用リリーフバルブの形状が不適切なため、リリーフバルブが作動不良を起こしトランスファ部へのオイル供給量が不十分となり、潤滑不良を起こす場合がある。そのため、そのまま使用を続けると、トランスファ内部のギヤ及びベアリングが焼き付き、最悪の場合、走行不能に至るおそれがある。


【対策】
全車両、強制潤滑装置一式を追加及び、リリーフバルブを対策品に交換する。

【連絡先】
ダイレクトメール又は直接訪問等で通知する。
自動車・バイク・自転車

▲ ページトップに戻る

ヘッダ

バナーバナー

バナーバナー

QR

携帯電話でアクセスする際はこちらの二次元バーコードを読み取ってアクセスしてください。

QR

QR

リコールドットジェイピーについての感想・ご要望はこちら

クロネコ家電ドクター 修理サービス 詳しくはこちら

クロネコヤマトのリコールドットjpは、リコール情報・自主回収情報を日々更新・提供しております。