掲載情報とヤマトグループ関連サービスとの関係について
●戻る
リコール・自主回収情報 
家電
キヤノン「交換レンズ」(合焦せずフォーカスレンズが駆動し続ける)    (2023/11/21 - 114 Clicks)
【該当製品】
製品:EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS IIおよび、EF-S18-55mm F3.5-5.6 III(2023年生産の一眼レフカメラ・ミラーレスカメラ用交換レンズ)

シリアル番号:
・EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS II
“2969******”、“3069******”
・EF-S18-55mm F3.5-5.6 III
“2969******”

※EF-S18-55mm F3.5-5.6 IIIは海外販売のみ。日本国内では販売していない。

【理由】
低温環境下においてAF(ONE-Shot)撮影の際、合焦せずフォーカスレンズが駆動し続ける現象が発生することがある。

【対策】
預かりのうえ、修理

【問い合わせ先】
EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS II コールセンター
電話番号 0120-160-282(フリーダイヤル)
受付時間 平日・土曜日 9時00分~17時00分
※12/31~1/3は休み。

※下記ページの「対象品の確認方法」にて対象品かどうかを調べる。
https://canon.jp/support/quality-info/231031efs1855f3556
※対象品で現象が発生するレンズについては無償にて修理。なお、対象製品でも本件の現象以外の内容については、有償となる場合がある。
※キヤノンサービスセンターに直接持参するか、「EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS II コールセンター」へ問い合わせる。キヤノンサービスセンターの所在地などについては、修理窓口拠点一覧ページ(https://canon.jp/support/repair-index/service-center)を参照する。
※依頼の際は、レンズキャップとダストキャップを装着したうえで、レンズ本体のみを預ける。
※その他、カメラ本体や、付属品(記録メディア、レンズフード、レンズケースなど)は手元に保管する。
※預かり期間:10日~2週間程度(混雑状況により返却日が前後する場合あり)

無償修理受付期間:2026年10月31日まで
家電

▲ ページトップに戻る

ヘッダ

バナーバナー

バナーバナー

QR

携帯電話でアクセスする際はこちらの二次元バーコードを読み取ってアクセスしてください。

QR

QR

リコールドットジェイピーについての感想・ご要望はこちら

クロネコ家電ドクター 修理サービス 詳しくはこちら

クロネコヤマトのリコールドットjpは、リコール情報・自主回収情報を日々更新・提供しております。