掲載情報とヤマトグループ関連サービスとの関係について
●戻る
リコール・自主回収情報 
その他
トレック・ジャパン「Kickster」(破損する恐れ)    (2019/7/31 - 26 Clicks)
【該当製品】
対象製品:
2013 Trek Kickster
2014, 2015, 2016, 2017 Trek Kickster
2018, 2019 Trek Kickster

【理由】
ステアリングコラムを保持するクランプとシートポストを保持するクランプが、製造過程で生じた問題のために、トルクを掛け過ぎると破損する恐れがあるため。

【対策】
点検・交換

【連絡先】
リコールお問い合わせ(フリーダイヤル):0120-93-9007

※該当自転車が手元にある場合は、販売代理店に車体を持ち込む。点検の上で速やかにクランプを対策した物に交換する。
※Kicksterの修理完了後、トレックまたはボントレガー製品の購入に使える、その店舗
限定の¥3,500分のクーポン(有効期限は2019年12月31日まで)がもらえる。
その他

▲ ページトップに戻る

ヘッダ

バナーバナー

バナーバナー

リコールに関するすべての業務を代行 詳しくはこちら

QR

携帯電話でアクセスする際はこちらの二次元バーコードを読み取ってアクセスしてください。

QR

QR

リコールドットジェイピーについての感想・ご要望はこちら

コラム

クロネコ家電ドクター 修理サービス 詳しくはこちら

クロネコヤマトのリコールドットjpは、リコール情報・自主回収情報を日々更新・提供しております。